<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 徒然なるままに・・・ | main | にや〜の元 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
男のロマン♪
ある看板の事をふと思い出しました。それを目撃したのは、子供の頃なのですが、昭和の時代を象徴するかのような、古びた住宅地の一画に、溶け込むかのような形で、民家の壁面に置かれていました。

あまり目立つ存在ではありませんが、レトロ感溢れる風貌からは、想像もできない斬新なキャッチコピーに、私の目は釘付けになりました。いや、私だけでなく、近くに住んでいた子供達は、そのインパクトに魅了されていたことでしょう。

しかし、その看板の事を話題とすることは、暗黙の了解で、タブーとされていました。友達とその看板の前を歩く時は、横目でチラッと確認し、通り過ぎた後で、「俺が見たのん、ばれてないかな〜?」と、ひやひやしたものです。

心の中では、おおっぴらに「観たい」と思いながら、気にしていない素振りをしなければいけません。そして、「あいつも見よったかな?」と、パラドックスを含んだ目つきでお互いに目と目が合うことも、しばしばありました。

その看板を、おぼろげな記憶を頼りに、先日、探索してみました。「このあたりだったかな〜?」と、子供の頃にタイムスリップしたかのように、わくわくしながら探し回りました。

しかし、当時の街並みは、影も形も消え、恐らくその看板があったと思われる場所には、マンションが建っていました。

浦島太郎のような気分を、ほんの少し味わいましたが、子供の頃に体験したかのような、冒険心を味わえただけでも楽しかったです。又、記憶の片隅から、置き去りにしてしまった忘れ物を思い出させてくれ、ちっぴりロマンを感じました。
 
 

いや〜どうもです。ゆるゆるエッセイストのピピンです。

「その看板とは何ぞや?」と思った、奇特な方の為に説明して置きます。
簡単に、再現してみましたのでどうぞ。
   
       ↓   
       ↓   
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 
       ↓ 

−−−−−−−−−−−−−−−−−
│   指圧・針・灸・乳もみ   │
│                       │
│               ○○整体院 │
−−−−−−−−−−−−−−−−−

後になって、母乳の出が悪い妊婦さんの為の、立派な施術であると分かりましたが、当時は、そんなうらやましい職業があるなんて、知る由もありませんでした。。。

せめて、「マタニティーマッサージ」とでも書いてくれれば、よかったのですが・・・。
 
 
 
今日の煩悩(ー_ー;) 
とあるblogの影響で、だんだんとお汚れな方向に進んでいるようですが・・・。
 
| 日記 | 22:22 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |
コメント
ピピン先生、ごきげんよう♪
のわ〜〜〜!!素敵エッセイを読ませて頂きましたぁ。。。
そして、危うく「鼻からジャスミンティー」を出してしますとこでした!!
>○○整体院
なんて卑猥且つハレンチな整体院様なんでしょう(T T*)
素敵です。素敵過ぎます!!
>とあるblogの影響で〜
うきゅ〜〜〜!!そんなお汚れblog様が実在してるんでしゅか!!?
のわ。是非ご紹介して頂きたくお願い申し上げますm(_ _)m☆
| ぷっちぃ〜 | 2007/07/14 12:07 AM |
数年前、キャッチがいっぱいいた頃
ウチの最寄り駅のある小道には耳元でやさしく

『おっぱい、揉みませんか〜〜〜♪』

という黒服のお兄さんがいました。
あれも立派な施術だったんでしょうか?

というか、その小道を歩いている僕に問題が
あるのでしょうか?
 
| おっじ | 2007/07/15 5:43 PM |


■ぷっちぃ〜 さんへ

素敵エッセイに、鼻から何かを出してまで喜んで
頂まして、ありがとうございました。

それっです。それっ!!
とあるblogの影響というのは!?



■おっじさんへ

酔っ払って、そんな素敵な小道を歩く時は、
私なら軽く受け流す事ができるかどうかは分かりませんが、
お汚れblogへ引き金となるような、素敵なコメントを
いつも残してくださいまして、ありがとうございます。

| ピピン | 2007/07/16 10:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pipin1.jugem.jp/trackback/99
トラックバック